2007年11月03日

実際にやってみよう:その3

10)では、今度は記事を書いていきましょう。記事投稿→記事を書くでお好きな記事を書いてセーブしてください。画像を入れるでも良し、文章メインでも、お好きなようにつづってください。

同じページの下にある、【この記事の詳細設定】をクリックし、コメントとトラックバック、またキーワードマッチを無効にします。記事の公開非公開については、ある程度中身が出来上がるまで、非公開にしておいたほうがよいかもしれません。ただし、すべて出来上がった時に、もう一度すべての記事を公開に設定しなおす必要があります。

11)記事を書き終えたら、保存して、【記事を見る】をクリックして、そのURL(リンク先)をコピーしておきます。

12)もう一度デザインからコンテンツに戻り、左サイドの自由形式のメニューの部分にあった、記事とリンクを張っていきます。記事はそのままでは日記のように日付がついたままになっているので、「日付の消し方」でやり方を学んだ通り、CSSのDateの部分を無効にします。
そうすると、以下のような感じになります。
diy6.jpg

同じようにすべての記事とリンクを貼っていきます。

13)最後に一番下にある、Posted byの表示を消します。
デザイン→コンテンツ→記事をクリックします。記事の右端上にある、「HTMLの編集」をクリックします。

HTMLの中ほどにある以下のタグを消します。
<div class="posted">posted by <% article.nickname %> at <% article.createstamp | date_format("%H:%M") -%>

皆さんどうでしたか?結構簡単にブログを使ってHPらしいものをつくれるのではないかと思います。是非実践してみてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。